読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上京女子のメモ

田舎から上京してきて8年目。今まで学んだアレやコレやのメモ書きです。少しでもお役に立てると幸いです。ゆるく更新していきます。

以前住んでた家の嫌だったところベスト5

f:id:tokyoyokohama:20170315004004p:plain

上京=家を借りる
まずはその問題に直面するかと思います。

私はなんだかんだで4回引っ越しを経験しました・・・
一回引っ越すたびにだいたい50万くらいなくなります。(契約金+家賃+引越し代)
家の形が変わると家具が合わないケースが多いので、家具の買いなおしも考えるともっとかかります。

引越しすると全然お金溜まりません。何度も引っ越すのはやめましょう。。。
なのでなるべく長く住める家に住みたいですよね。

そのときにベストだと思ったところを借りていたつもりでしたが、
あとあとやっぱりこれは嫌だ・・・とかが出てくるわけです。

何度も引っ越すうちにこれだけはゆずれないみたいなポイントが出てきたので
ランキング形式でお伝えします。

 

■嫌だったところベスト5


5位
1階である。

1階はとても楽です。新しい家具を入れるのもらくちんだし、へとへとで帰ったらすぐに玄関に飛び込めます。
この件についてはメリットもデメリットも同じくらいあると思います。
しかし夏はゴキブリが必ずといっていいほど出ます。最初に住んだ家はちょっと古かったというのもありましたが毎日Gがいました。
今日はどこから出てくるんだろうと帰宅するたびにどきどきでした。
洗濯物を干すときに通行人とコンニチワしてしまうのもちょっと嫌な点ですね。これは家の位置にもよるかと思いますが。


4位
プロパンガスである。

都市ガスとプロパンガスでは値段が全然違います。
私の経験でいうとプロパンガスは都市ガスの3倍の値段でした。
大きな理由がない限りはちょっとでも節約するためにプロパンガスの物件は避けたいところです。

 

3位

ちゃんとした自転車置き場がない。

あっても屋根がなく雨ざらし状態。

私は上京してから結構いい自転車を購入しましたが、1年でさびさびになりました・・・
最初はカバーなど使っていましたが、だんだんめんどくさくなり、雨ざらしに・・・
あとちゃんと自転車を固定できるようなところがないと、風で倒れてあちこちがひん曲がったりするわけです。


2位
ベランダがない。

布団がちゃんと干せないのは想像以上にストレスが溜まります。
窓の上にちょこんとついた物干し竿だと、干すのがとてもめんどくさい上、スペースも狭い場合があります。
清潔好きなのであればベランダはかかせません。


1位
収納スペースが狭い。

長く住むと物が自然と増えていきます。なんとなく残しておきたいものってありますよね。
収納スペースが狭いと必要以上にものが増えなくていいという点もありますが、やはり広ければ広いほどいいです。
片付けやすいので部屋の中をきれいにキープできます。


番外編
マンションの壁に宗教関連のポスターが張ってる。

めんどくさいことに巻き込まれる可能性があるので信仰宗教じゃない限りは避けましょう。

 


いかがでしたでしょうか。完全に個人的感想ですが、
ちょっとでも知識の足しになると幸いです!